メガネはもういらない!?レーシックガイド

メガネはもういらない!?レーシックガイド

当サイト「メガネはもういらない!?レーシックガイド」のお役立ちレーシック情報はこれからレーシックをご利用される人必見です。
まずは当サイトサイドメニューをご熟読してみてください。最近よく耳にするようになってきたレーシックというのは、手術によって視力を回復することの出来る最新の技術です。
目にメスを入れるというリスクはありますが、ほとんどの人が視力回復を実現させており、人気の治療法となっています。

 

これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。

 

レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。

 



メガネはもういらない!?レーシックガイドブログ:20230130
オーブンで焼けたパンやパイ生地の香ばしいにおい、
ストーブの上でコトコト煮える
ハヤシライスやおでんの食欲をそそるにおい…

わたくしの家には
いつも食べ物のにおいがたちこめていた記憶があります。

お母さんは本当に料理が好きで、
戦後まもなくフランス料理の教室に通い、
覚えた料理をせっせと作ってくれたものです。

食べる事の時の
フォークやナイフの使い方といったテーブルマナーも、
家できっちり覚えさせられました。
 
風邪をひいた時、
みなさまはお粥など消化の良いものを食べると思いますが、
我が家では風邪にはカレーか茶碗蒸し!

茶碗蒸しはわたくしの大好物なので、
風邪をひくと「小田巻き蒸し」と言って、
うどんが入った茶碗蒸しをよく作ってもらいました。

我が家のモットーは
「風邪をひいたら元気をつけること」。
時には外に牛丼(特盛)を食べに行ったりもしましたよ!

朝ライスも気合いが入っていて、
お母さんはよく前の晩から大きな寸胴鍋に鶏がらスープのだしを取り、
「獅子頭」という中華の大きな肉団子と、
春雨、白菜がどっさり入ったスープ煮を作ってくれました。
それを食べて、家族の1日が始まったのです。

もともと料理の本を読むのが好きで、
お母さんがよく読んでいた「きょうの料理」が
いつの間にか私の愛読書になっていました。

大学の進路で悩んでいた頃、
兄から
「そんなに料理の本を見るのが好きなら、いっそのこと料理本の編集をやったら」
わたくしと薦められ、
自身もどうしても料理を学びたくなって、
家政学部への進学を決めたのです。

――――――以上で今日の報告を終わります。

メガネはもういらない!?レーシックガイド モバイルはこちら